自分の曲に対する思い入れ度数

元バンドマンの私が10年ぶりに音楽活動を再開した時、

10年前よりネット上で音楽を鳴らしてる人は増えていて、

だからこそ、自分も表現する場がある気がして始めることができた。

出来上がったらSoundcloudなどで公開して、また新曲を作る。

ペースは緩やかでも、公開してないものも含めたくさんの曲が生まれた。

それを繰り返すうちに、公開した後の曲がそこで終わっている気がした。

バンド時代なら、曲が出来たらスタジオに持ち込み、メンバーと何度も練って、ライヴでやるようになったらさらに転がし、転がし、曲を空気と触れさせた。

耳に届けようと奏でた。

今は一人だし、ライヴもしてないから。

それが出来ないから、曲を公開した後の物足りなさを「仕方のないこと」と思い込んでいた。

これは自己満足なのか

所詮自己満足なのか

そんなやり方はやがて壁にぶち当たる結果となった。

そこまでは、出戻りだし、とにかく音楽をするとこからとやってきたが、

欲が出たのか、周りのペースと比べたからか、

とりあえず

今のネットの波に乗るの止めようと思った。

今まで公開した曲に思い入れがないわけではない。

自分で聞けない曲なんて上げるわけがない。

でも、もっと曲たちを遠くまで飛ばしたいなと。

その方法の一つはライヴで歌い続けること、

もう一つはアルバムを作ること。

アルバムなんて「とりあえず」が口癖になってしまった私の中に考えとしてなかった。

でも、ネットで公開するだけの曲じゃ、宙にあるみたい。

アルバムでCDにすればこの手で渡すことも出来る。

アルバムの前にライヴだと思ってたけど、ソロなら逆でも良いわけで、

まだまだ考えが固く古いのか

今すぐ作る気は無いし、曲作りのスイッチはOFFにしている。

DTMから離れアコギを持ち、もう少し深く潜っておきたいと思う。


A.R.O.musicaブログの更新情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする